なんとなくクリティカル

XPERIA アンバサダーミーティングに参加し、超個人的に記事にしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
20160627_001.png 
せれなです。

あれからまだいろいろ弄ろうかと思いましたが、時間の都合上たぶんできないだろうという判断から、ちょっと早いですが返送手続きをすることにしました。

アンバサダープログラム関係者各位
この場をお借りしまして、貴重なXperia X Performanceをお貸しいただいたこと、ミーティングにお招きしていただいたこと、本当にありがとうございました。
貴重な体験をさせていただいたことに感謝いたします。

正直、ブログの記事に関して、甘口にするか、辛口にするか、悩みました。

悩んだ末、後者にしました。辛口の方が正直な意見が伝わるであろうと感じたためですが、いざ記事にしたら、本当にくだらない記事になってしまいました。
でも反省はしてませんし、後悔もしてません。これが本当に私の素直な意見ですから。

Xperia X Performance の端末自体としての完成度は非常に高いと思います。
ただ、個人的に、「Xperiaはまだまだこんなもんじゃないだろう?」
という念を込めまして、いろいろ書かせていただきました。

今に始まった話ではないかもしれませんが、スマートフォンの性能はこれからも進化し、きっと短期間で機種変更ではなく、長く使えるスマートフォン選びになってくるかと思います。消費者の目による機種選定もさらにシビアになるでしょう。
見た目ではほとんど変わら無いスマートフォンでも中身は各企業によって個性があります。
あとは、その個性をXperiaとしてどのようにアピールしていくかがカギだと思います。

例えば、最近のTVCMでは

ハイレゾ編


高速カメラ編

これは他機種との比較で優位なアピールとして良いと思うんです。

が、

防水スタミナ編


デザイン編

この辺は弱いかなぁ・・・?って感じました。
他機種でもありますし、デザインは主観によるところが大きいですしね・・・

TVCMでは、「Xperiaでしかできないこと」をもっとどんどんアピールすべきですね。
1320万画素フロントカメラは自撮りユーザーを揺さぶるのに十分なセールスポイントになると思うんですけど・・・

マーケティングは非常に大事です。
これからもXperiaの展開に大きく期待したいと思います。

ここから先は完全に話が逸れまして、私のお話しなので、無視してください・・・w
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
CM: 0
TB: --
※Xperiaアンバサダープログラムにて、モニター企画でXperia X Performance をお借りして記事にしております。

せれなです。

いよいよ本日より、大手3社からの発売日となりました。
売れるんでしょうかねぇ?

そんな話はおいといて、今回は約半月使用してみて、気づいた点を書いていきたいと思います。

-- 続きを読む --
CM: 1
TB: --
※Xperiaアンバサダープログラムにて、モニター企画でXperia X Performance をお借りして記事にしております。

せれなです。

前回はミーティング内容について記事にさせていただきました。
その中で、

「ここでは黙っておきます。」

がいくつかあったと思います。本当は全部ぶっちゃけたいのですが、
まずは、どうしても2点だけ強く言いたいことがあるので、今回はそこのみの記事にします。

-- 続きを読む --
CM: 0
TB: --
せれなです。

前記事では、今回のミーティングで行われた
XPERIA X Performance のプレゼンについて

全く書かなかった

ので、今回はプレゼン内容について記事にしたいと思います。

なので、
XPERIA X Performance の入手を検討される方は、ある程度参考になるかと思います。

では、始めます。

アジェンダ的には
1)「もっと」Xperia
2)「Design」デザイン
3)「Mechanics」メカニクス
4)「System」システム
5)「Camera」カメラ
6)「Display」ディスプレイ
7)「Audio」オーディオ
8)「Xperia Apps」アプリケーション
こんな感じです。
-- 続きを読む --
CM: 0
TB: --
2016年6月8日(水) 名古屋某所にて、行ってまいりました。

この XPERIA アンバサダーミーティングというのは、
まだ未発売のXPERIAスマートフォンを3週間ほどお借りして、実際に使っていただき、ブログにアップするのが大きな目的で、他に今回のXPERIAについて参加者に理解していただくプレゼンや、実際の性能体験、開発者とのコミュニティなど、非常に濃い内容となっています。
もちろん今回貸していただいたのはXPERIA X Performanceです。

ちなみに、私ことせれなですが、このミーティング初体験でございました。

今回、そのミーティング体験について記事にしていくわけですが、

-- 続きを読む --
CM: 0
TB: --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。