FC2ブログ

なんとなくクリティカル

XPERIA アンバサダーミーティングに参加し、超個人的に記事にしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
※Xperiaアンバサダープログラムにて、モニター企画でXperia X Performance をお借りして記事にしております。

せれなです。

いよいよ本日より、大手3社からの発売日となりました。
売れるんでしょうかねぇ?

そんな話はおいといて、今回は約半月使用してみて、気づいた点を書いていきたいと思います。


持ちやすさ…【評価◎】
20160611_009.png 
正直、デザインに関しては個人的主観になるので多くは語りませんが、大きな特徴として今までのXperiaとの違いは

角が丸くなっているラウンドデザイン

になっていることが挙げられます。
これに関しては、デメリットとして挙げる方は少ないと思います。

非常に持ちやすいです。

ただ、いままでのXperiaと比べるとやや厚さがあるので、「1枚板」という感覚は以前と比べて感じにくい、

ややぽっちゃりさん

って感覚かなぁ。



液晶画面…【評価◎】
いままで、Xperiaの液晶画面は明るい場所で表示OFFの時によ~~く見ると幾何学的模様がでてくる液晶で、
いまいち気に入らなかったのですが、今回のXperia X Performance は真っ黒!!

そして、色合いや斜めにしたときの色飛びも最小限に抑えられており、また発色も素晴らしく、
ほとんど文句の付けどころがないぐらい素晴らしいと思います。
ただ、今回は「緑」が新開発カラーフィルタによるものなのかわかりませんが、
20160611_404.png 
やや緑寄り?

かもしれません。でも、Xperiaにはホワイトバランス調整ができるので大きな問題にはならないでしょう。


バッテリー…【評価◎】
20160624_003.png 20160624_004.png 20160624_005.png 20160624_006.png
4日ぐらい「BatteryMix」で調査した結果です。
電池持ちについては特にひどいことはなく、普段の仕様では1日は持つぐらい安定しています。

大きく評価する点は実はここではなく、
20160611_205.png 
バッテリー寿命を2倍にした点は大きいと思います。
実際はどうなのかは期間が経過してみないとわかりませんけどね。
ミーティングのプレゼンでもあくまで「理論上」の話なので。


指紋認証…【評価◎】
とにかく速い!
Xperia X Performance の指紋認証は電源ボタンに内蔵されています。
なので、

電源ONで認証画面をすっ飛ばして待ち受け画面!

なんてことも可能。しかもスピードが速いのでストレスになりません。
これは楽しいです。


カメラ…【評価◎】
20160624_001.png 
↑上:Xperia X Performance
↓下:Xperia Z3
20160624_002.png
XPERIA X Performance の方が外光を抑えて、発色がきれいに出ています。
Z3 も自然ではあるのですが、外光が抑えきれず、全体に色が抜けています。
どちらが良いかは各個人の評価にお任せしますが、一般的にはXPERIA X Performance の方ですかね。
あと、ウリのひとつである、この3点。
20160611_308.png

カメラのレスポンスは確実に速くなっています。フォーカスのスピードもめっちゃ速いです。
ただ、長期間使用はやめた方がよい気がします。というのもやはり発熱がひどいです。
今までのXperiaと比較すると症状は少ないのですが、やはり出てしまいます。
今回「4K動画が撮れない」わけですが、需要がまだまだ少なそうですし、
以前のXperiaで実装されている点から、技術的には可能なのでアプリなどで補完できそう。
デフォルトで実装しなかったのは英断だと思います。

ただ、カメラとは関係ない話ですが・・・


スクリーン動画キャプチャーは消す必要なかったよね・・・


音…【評価◎】
私はいつも仕事に行く際、イヤホンは欠かしません。
ウォークマン代わりによく音楽を聴きながら移動しています。

音質面から言うと、ウォークマンレベルとまではいきませんが、スマートフォンとしては余剰とも言えるほど高品質です。
イコライザーも実装されているので、よほどの音質にこだわる人でもなければ十分実用できるレベルだと思います。

ただ、私の場合、音楽データはMicroSDに保存しているので、SONY謹製「Music」アプリはこの時点で不使用確定なのです。昔から「PowerAMP」派です・・・

そういえば、Xperia X Performance にはデフォルトで「SMART CONNECT」がないですね。
GooglePlayから落とせますから問題ないですけどね。
上記アプリを使うと、イヤホンを刺したら再生して音量こんだけ、外したら停止して音量下げるとかできるので地味に便利です。

さて、いままでXperia X Performance の良い点を書いてみましたが、



ここから



Xperia X Performance にしたいと思っている方は





見ないでください!!




















スクロールレスポンス…【評価○】
スクロールする際の滑らかさは過去の機種と比較しても確実に進化しており、引っかかりも少ないように見受けられ、Xperiaとして合格点が挙げられると思います。

しかし、実際に機種を選択するとなると、やはり
他機種との比較は避けて通れません。
そうなると合格点とはいうものの、

SHARPの倍速IGZOと比較してしまうと、曇ってしまう

のが否めない。

通常モニタ描画クロック数は60hzですが、倍速IGZOは通常のテレビと同じく120Hzで駆動します。
ここはSONY負けてほしくないですね。



レスポンス…【評価△】
今回のアンバサダーミーティングのプレゼンの中で個人的に一番注目した点がここです。
20160611_203.png 
起動時間やカクカク感改善は評価しますが、スクロールレスポンスに関しては


とても実感がわきません。



スマートフォンにおいて一番重要視するところっていったい何でしょう?

デザイン?
形?
スペック?
画面の大きさ?
きれいさ?
おサイフ?
防水?

いろいろあると思います。すべて大事だと思います。

しかし、個人的にですが、スマートフォンにおいて一番重要視するところ。それは




ストレスフリーな操作感覚



これに尽きると思います。
iPhoneが国内でここまで人気が出たのは、安さとステマ展開もあると思いますが、これがないと今のiPhoneの躍進はなかったでしょう。

今ではiPhoneのレベルは他のAndroid携帯に比べ差が少なくなっているものの、操作する指に対してぴったり吸い付くような操作感覚があり、ロスなく反応する点では合格点です。

しかし、プレゼンで「スクロールレスポンス向上」とありますが、実際に触ると

とても実感がわきません。(2回目)


しかも指からスッとスワイプする瞬間の初動反応がXperia Z3より遅い!!

コンマ何秒の世界なので、どうでもいいと考える方も多いと思いますが、ここはスマートフォンの可能性を左右するとても大事な点だと思うのです。例えばゲーム。自機を指で操作するアクション系のゲームでは初動が遅いとせっかくの良ゲーがクソゲーになります。
他にもアルバムを見たり、ニュースサイトなど、スクロールさせる場面はよくあると思います。
ここでも反応が遅いとややもたついたりします。
XPERIA X Performance の操作レスポンスは最新CPUの恩恵もあり、決してひどいわけではありませんが、
ぶっちゃけ

他社のライバルとされるスマートフォンの中で最低レベルです。

「操作」はスマートフォンにおいて、すべてに影響が出る「性能の原点」だと思うのです。
XPERIA X Performance の性能ならここが限界ではないはずです。
もっとカーネルモジュールをチューニングしてほしい。ここは一番妥協してほしくない点です。



背面パネル…【評価△】
20160611_102.png 
どういうことかと申しますと、
背面パネルをメタルにした際の影響が大きすぎる点です。

特におサイフケータイの位置に関しては大減点。

背面に持っていけないなら、メタルフレームはやめるべきです。
すると本体の発熱対策が損なわれると思いますが、それ以外の方法もいくつかあります。
・CPUのデチューン
・側面に放熱
・いっそのこと防水をやめ、穴で放熱(iPhoneとかはそうですよね) などなど。

それかデザイン的にアレになりますが、お財布アンテナ部だけ今回の国内仕様の受信下部のように樹脂にするとか。

あと、前記事にも書きましたが、

ストラップホールがない!
今までのXperiaが持っていたアイデンティティを損なってしまったところが大減点。




最後に超個人的総合評価
初動レスポンスがライバル機種と比較して最低なのが一番の減点材料。
あとはおサイフケータイの位置とストラップホール。
65点

ちなみに、SHARP AQUOS Phone ZETA は80点。
倍速IGZOのレスポンスとスクロールの滑らかさはすごいの一言!
ただ減点材料は、アプリに相性問題があるのと、IGZOの省電力制御とゲームとのミスマッチかな。

そんなとことですかね。
ざっくりとレビューしてみましたが、いざ記事にするとむずかしい。

そろそろ借用期間終了に迫ってきました。
もう少し遊んでみたいと思います。 あ~Fericaのシール剥がしたい…

ではまた。
スポンサーサイト
CM: 1
TB: --

コメント

くっだらない

名無しさん #- | URL | 2016/06/24 16:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。